性の悩みサイトについて

このサイトでは、EDの原因や治療、男性に多い泌尿器系の疾患、病院での不妊治療法のステップや、部位別脱毛のメリットとデメリットなど、様々な性の悩みを紹介しています。

EDの原因と治療について

EDとは男性の性機能障害の一種で、勃起機能の低下を意味します。英語で「Erectile Dysfunction」と言い、日本語では「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。性交時に十分な勃起やその維持が出来ずに、満足な性交の行えない状態、と医学的に定義されています。血管に障害があって陰茎海綿体の血管に十分な量の血液が流れ込まず勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという状態です。

その原因には血管や神経の障害、心理的なストレス、特定の薬剤の使用が挙げられます。

血管や神経の障害には、加齢、糖尿や心臓病、高血圧などの生活習慣病、脳出血、脳腫瘍などの神経系の障害、前立腺がんや脊髄損傷などの手術や外傷などが起因しています。

心理的ストレスが起因のEDは20~40代の比較的若い年齢層に多く現れます。

特定の薬剤には神経や循環器、消化器系に作用する薬剤が知られています。

EDの治療には早めに泌尿器科を受診し、医師に相談する事が大切です。受診の目安は、本人又はパートナーが不満を抱いた時と言われ、パートナーと一緒に受診することが望ましいスタイルです。治療には薬剤が使用されます。自由診療なので病院によって費用が異なります。

不妊に悩むカップルは多い

現代は不妊に悩むカップルが多いと言われています。6組に1組は不妊だというデータもあるほどです。

原因としては女性の結婚年齢が高くなったことで妊娠しづらくなったことが主に挙げられますが、男性側に問題があるケースも増えています。検査をして問題がないと言われても妊娠に至らないケースも多く、子供を望んでおられるカップルは精神的にも辛い思いをすることが多いです。また治療は女性の体に負担がかかることが多く、副作用の問題もあります。

不妊治療の期間が長引けば長引くほど精神的にも肉体的にもダメージは大きく、本当に悲しい思いをしながら続けておられる方は少なくありません。

また金銭的な問題もあります。体外受精や顕微授精などは高額な費用が発生しますので、何度も受けることが難しい人が多いです。街によっては助成が受けられることもありますが、治療には多額のお金がかかることは否めないです。少子化と言われる現代なので、不妊症に悩まれるカップルが金銭的に悩むことなく治療が受けられる世の中になって欲しいものです。